国際女性デーに向けた取り組みについて~3競技横断「keep playingプロジェクト」~

女子バスケットボール(Wリーグ)・女子サッカー(WEリーグ)とともに女性がスポーツを続けられる環境を目指した取り組みを開始

一般社団法人日本ハンドボールリーグ(以下、JHL)では、3月8日「国際女性デー」に向けて、株式会社モルテン(本社:広島市西区、代表取締役社長:民秋清史)を中心に一般社団法人バスケットボール女子日本リーグ(以下Wリーグ、本部:東京都文京区、会長:河瀨直美)、公益社団法人日本女子プロサッカーリーグ(以下WEリーグ、本部:東京都文京区、チェア:髙田春奈)と競技を横断してkeep playingプロジェクトを行うことを決定いたしましたのでお知らせいたします。

JHLでは、本プロジェクトなどの機会を積極的に活用し、取組を発信するとともに、競技を超えた連携・議論の成果を取り込んでいき、スポーツを通してジェンダー平等と女性のエンパワーメントに取り組んで参ります。

詳細につきましては、下記URLよりモルテンのリリースをご参照ください。
https://shop.moltensports.jp/blogs/molten/20221227_01

■葦原一正 代表理事コメント
「今回のプロジェクトでは、スポーツを通した社会貢献活動の一環として、他競技の方々と連携しながら積極的に取り組んでいきたいと思っております。また、リーグとしましては今回の活動だけでなく、今後もハンドボールの普及発展、次世代に向けた夢のある環境づくりを目指してまいります。」