次世代型プロリーグ(新リーグ)参入審査申請書類の申込チームならび今後について

一般社団法人日本ハンドボールリーグ(代表理事 葦原一正)は、2024年開幕に向け準備を進める次世代型プロリーグ(以下、新リーグ)について、参入審査申請書類の申込を8月31日に締め切りました。申込状況について、また今後の審査方法ならび審査スケジュールについてお知らせいたします。

新リーグ(次世代型プロリーグ)、参入審査申請書類の申込チーム(団体)

【男子】9チーム【女子】10チーム
アースフレンズBM(東京都)プレステージ・インターナショナル アランマーレ(富山県)
富山ドリームス(富山県)北國銀行ハニービー(石川県)
福井永平寺ブルーサンダー(福井県)飛騨高山ブラックブルズ岐阜(岐阜県)
大同特殊鋼Phenix(愛知県)HC名古屋(愛知県)
トヨタ車体ブレイヴキングス(愛知県)三重バイオレットアイリス(三重県)
豊田合成ブルーファルコン(愛知県)大阪ラヴィッツ(大阪府)
TeToTeおおさか堺(大阪府)イズミメイプルレッズ(広島県)
トヨタ紡織九州レッドトルネード(佐賀県)香川銀行GiraSol(香川県)
琉球コラソン(沖縄県)オムロンピンディーズ(熊本県)
 ソ二ーセミコンダクタマニュファクチャリングブルーサクヤ(鹿児島県)
※都道府県順

葦原一正 代表理事のコメント

「既存17チーム(男子7チーム、女子10チーム)に加え、新規2チームの計19チームが、次世代型プロリーグに参入表明頂きました。まずは、参入申請する・しないに関わらず、ご検討頂いた全てのチームの皆様に深く感謝申し上げます。

難しい判断だったと推察します。チームそれぞれに個別の強い主張がある中で、まとめあげるのは容易でありませんでした。昨春の代表理事就任会見でも『全チームが120点の答えは作れません』と申し上げましたが、実際本構想に全てのチームの理想が完全に入っているとは捉えておりません。その中で、個別利害を超えて、業界全体のために手を挙げてくださったチームがこれだけ多くあることを純粋に嬉しく思っております。

今後、審査委員会での厳正な審査を経て10月に加入チームの決定となる予定です。日本ハンドボールを「世界最高峰リーグ」に築き上げていけるよう、引き続き邁進し続けていきますので、ファンの皆様、引き続き応援の程何卒宜しくお願いします」

審査方法について

参入審査申請書類を申込したチーム(団体)に対し、従前より公表している以下8項目について、各チーム(団体)の申込書類ならびヒアリング等の方法で、審査いたします。

  1. 理念の共有
  2. チーム名要件
  3. アリーナ要件
  4. 財務要件
  5. 支援書要件
  6. ユースチーム要件
  7. 選手契約要件
  8. 事業要件

審査ならび今後の審査スケジュールについて

各チーム(団体)より申込を受けた審査申請書類を基に、新リーグ参入審査委員会にて審査を行います(9月~10月)。新リーグ参入審査委員会にて新リーグ参入の候補チームを決め、その後10月のリーグ理事会(チーム所属理事を除く)で新リーグ参入チームを決定いたします(※対外発表は10月21日(金)に実施予定)。
尚、新リーグ参入審査委員会は、米田惠美氏が審査委員長を務め、外部の有識者を含め計5名にて審査を行います。

新リーグ参入審査委員会メンバー

  • 米田 惠美(Emi Yoneda) ※委員長
    日本ハンドボールリーグ理事(外部理事)、米田公認会計士事務所代表、(公社)日本フェンシング協会常務理事
  • 吉田 實(Minoru Yoshida)
    日本ハンドボールリーグ顧問、元JHA副会長、元JHL会長
  • 鈴木 友也(Tomoya Suzuki)
    日本ハンドボールリーグ理事(外部理事)、トランスインサイト株式会社代表
  • 鎌田 義次(Yoshiji Kamata)
    株式会社セレスポ専務取締役統括本部副本部長スポーツ事業部管掌
  • 小林 久美(Kumi Kobayashi)
    小林公認会計士事務所代表、Tokyo Athlete Office株式会社代表取締役

委員長・米田惠美氏のコメント

「子どもたちの夢となる新リーグに向け重要な役目を仰せつかり、身の引き締まる思いです。難しい判断を迫られるシーンもあろうかと思いますが、公平性を大切に、何より中長期でハンドボール界の発展のためにどうあるべきか、との想いで進めてまいります」