ジークスター東京 vs トヨタ自動車東日本

Recap

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
ジークスター東京13152806012.000Draw
トヨタ自動車東日本11172806012.000Draw

スコア

ジークスター東京

# 選手 ポジション フィールドシュート 7mスロー
退

得点 シュート 阻止 総数 得点 シュート 阻止 総数
3部井久 アダム 勇樹lb24000000010
8元木 博紀rb610000000010
10小室 大地pv00000000010
13中村 翼rb00000000000
14土井 レミイ杏利lw12000000000
19リュック アバロrw13000000000
20高間 アミンlw12000000000
24宮本 辰弥lw00000000000
27玉川 裕康pv11000000000
29家田 幹太gk00160001000
32橋本 明雄pv12000000000
33信太 弘樹lb13000000020
35小山 哲也db69003300000
66甲斐 昭人gk006280000000
84柴山 裕貴博rw45000000010
88東長濱 秀希rb11000000000
 Total 25427343301060

トヨタ自動車東日本

# 選手 ポジション フィールドシュート 7mスロー
退

得点 シュート 阻止 総数 得点 シュート 阻止 総数
2濵口 直大lb00000000010
6川端 勝茂rw12000000000
7山田 隼也rb59000000010
9廣川 功介lw23000000000
10玉井 宏章db12000000000
11楳木 武士pv22000000020
12関口 勝志gk008330003000
13桑名 茂雄lw00000000000
14佐藤 立盛lw00000000000
15藤川 翔大lb711001100000
17中川 翔太rb36000000010
18藤原 芳輝rw44000000000
19堤 由貴rb11000000010
20藤村 勇希pv00000000000
26立花 志友lb00000000000
28山田 暁央db11000000000
 Total 27418331103060

戦況報告

ジーク、元木の700ゴール到達記念を勝利で飾れず。粘り強い東日本と引き分け。

【前半戦況】
トヨタ自動車東日本ボールでスローオフ。序盤は、屈強なPV11楳木を狙ったプレー、10玉木、15藤川、7山田のCPがカットインやミドルシュートを狙って攻撃するが、ジークスターは3部井久、27玉川を中央に敷く一線ディフェンスが機能してなかなか崩せない。対するジークスターは頻繁なポジションチェンジで相手ディフェンスを崩してから効果的に攻撃。カットインやペナルティスローなどで得点を重ねる。14分終了時点で9-4とジークがリードする。しかしここからジークスターは2分間退場のプレーを前半終了までに4回犯してしまう。東日本は数的優位を活かし、9廣川、15藤川などが得点を重ね、13-11、ジークリードで前半を折り返す。

【後半戦況】
後半、前半戦の熱戦そのままに一進一退の攻防を繰り広げる両チーム。ジーク8元木が決めれば東日本17中川が決め返すという展開が続く。しかしジークは前半と同様に2分間退場の時間帯に連続失点。16分、ついに東日本が追いつく。タイムアウトをとり立て直したジークが8元木などの3連続得点で24-21とリードする。ここでタイムアウトを東日本が要求。その後、15藤川などの3連続得点で23分に24-24に追いつく。26-25とジークがリードしていた25分、大きく揺さぶってからのポストでの攻撃に対し、ジークが2分間退場を犯してしまう。数的有利を活かし、ついに後半27分、東日本が18藤原の得点で26-27とリードする。そこからの攻撃をお互いに成功させ、28-28の同点。残り33秒で東日本がタイムアウト。タイムアウト明けの攻撃で決勝ゴールを狙うが、ジークは粘り強い守備で守り切る。残り8秒でジークがタイムアウト。GKスローからの再開という状況ではあるが、少ない時間でゴールを狙う。残り2秒で信太にボールが渡るが、まさかの落球。28-28の同点で試合終了となった。
なお、ジーク8元木は日本リーグ通算700ゴールをこの試合で達成した。

Video

試合のライブ中継・アーカイブ配信はこちら

Score PDF

スコアPDF

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
ジークスター東京13152806012.000Draw
トヨタ自動車東日本11172806012.000Draw

会 場

墨田区総合体育館
東京都墨田区錦糸4-15-1