ブラックブルズ vs 大阪ラヴィッツ

Recap

ブラックブルズ、ディフェンスで粘りホーム戦勝利!

ブラックブルズのスローオフで試合開始。ブラックブルズは10番豊島のサイドシュートで先制すると、7連続得点で7-0とリードする。ラヴィッツも17番藤井のミドルシュートで反撃するが、堅いディフェンスと16番神谷の好セーブでブラックブルズが終始リードし、17-7で前半を終了する。

大阪ラヴィッツのスローオフで後半をスタートする。開始早々、ブラックブルズは連続して退場者を出し、その間に7番喜田の連続得点などで、ラヴイッツが6点差に詰める。その後も、17番藤井のミドルシュートなど8連続得点をあげ、18分には同点に追いつく。その後は、互いに譲らず一進一退の展開となるが、ブラックブルズ16番神谷の好セーブもあり、ブラックブルズが25-23で勝利を収めた。

フォトギャラリー

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
飛騨高山ブラックブルズ岐阜178251409.000Win
大阪ラヴィッツ716231103.000Loss

会 場

飛騨高山ビッグアリーナ
岐阜県高山市中山町600

Movie