HC名古屋 vs ブラックブルズ

Recap

HC名古屋が年内最終戦を勝利で終える

ブラックブルズNo.16神谷選手、名古屋No.12瀧澤選手の両ゴールキーパーの好セーブからスローなテンポでゲームが始まった。8分にブルズの7mスローをNo.1白築選手がセーブしたあたりから名古屋がペースをつかみかけたが、ブルズも退場のピンチをしのぎ、No.7佐伯選手の連続速攻で流れを引き戻し、3点差の名古屋リードで終了。

後半開始早々の退場時に、No.9の髙宮選手、No.15の山本選手の連続得点で名古屋が抜け出すように見えたが、No.16神谷選手が好セーブを連発し、名古屋もなかなか流れにのれない。後半22分にはブルズはNo14高橋選手のポストシュートで3点差に詰め寄り、名古屋もたまらずタイムアウト。しかし、勝負どころでのNo.12瀧澤選手の堅実なセーブ、No.6杜氏選手のサイド、No.19宇野のポストの連続シュートで引き離し、そのままタイムアップとなった。

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
HC名古屋910192002.000Win
飛騨高山ブラックブルズ岐阜67131307.000Loss

会 場

員弁運動公園体育館
三重県いなべ市員弁町楚原936

Movie