テラスホテルズ vs 大阪ラヴィッツ

Recap

大阪、後半10連続得点でテラスを引き離し、今季リーグ戦初勝利!

立ち上がり、7番喜田の4得点などで5連取に成功した大阪は、5-0とリードし、試合の主導権を握る。対するテラスは18番ゴールキーパー田口の好守とともに徐々にディフェンスが安定、11分を過ぎ8-3とする。ここからテラスは5番坂本の7mスローを皮切りに一気の4連続得点、8-7と大阪に迫る。序盤のリードを失った大阪は、5番田中を投入し、流れを変えようとするも、試合は一進一退の攻防が続く。前半ラスト1分、12-11と大阪リード状況から、テラス7番江島がねじ込み12-12の同点に。立ち上がりの劣勢を挽回したテラスが試合を振り出しに戻し前半を終えた。

大阪は7番喜田、テラスは14番塩田で得点を重ねスタートした後半戦。13-13の同点から試合の流れを引き寄せたのは大阪。マイボールを速攻につなげて相手を押し込むと、18番西笛、25番橋本、21番奥山などで10連続得点、16分には23-13と一気にテラスを突き放す。10点差を追いかけるテラスは4番内藤の7mスローで大阪の連続得点を断ち切るも、大阪に傾いた流れを前半のように取り戻すことはできずにタイムアップ。大阪が28-21で今季リーグ戦の初勝利を飾った。

フォトギャラリー

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
ザ・テラスホテルズ129210306.000Loss
大阪ラヴィッツ1216282206.000Win

会 場

枇杷島スポーツセンター
愛知県名古屋市西区枇杷島1-1-2

Movie