バイオレット vs イズミ

Recap

メイプルレッズ後半ペースをつかんでプレーオフ進出に価値ある勝利

プレーオフ出場を目指す両チームの直接対決。前半立ち上がり、メイプルは29番河原畑で先制すると、6番堀川、18番南らで3分4-1とリズムをつかむ。しかし三重バイオレットも6番近藤、23番森本、13番島居らで追い上げ、13分には5-5の同点。その後もメイプルは8番三田、22番石川、三重は27番熊崎、25番林らで点を取り合って、11-11の同点で前半を終了。

後半に入っても1点を争う接戦が続く。三重は10分16-15と1点をリードする場面も作ったが、メイプルは14分から6番堀川、3番石川らで6点を連取して完全にペースをつかみ、25番林、19番万谷らで粘る三重を振り切って、大きな1勝を挙げた。

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
三重バイオレットアイリス1111220000.000Loss
イズミメイプルレッズ11193012112.000Win

会 場

AGF鈴鹿体育館
三重県鈴鹿市江島台1-1-1

Movie