テラスホテルズ vs 北國銀行

11 - 26
フルタイム
会場:

Recap

北國銀行の貫禄勝ち!

今期より日本リーグ参戦のテラスホテルズのホーム初戦はリーグ7連覇中の絶対王者北國銀行。スタートから7人攻撃を仕掛けるテラスホテルズは5番坂本の7メートルスローで先制。対する北國銀行は、早いパス回しから8番永田のポスト、21番松本のサイド、11番秋山のエンプティゴールなどで一気に逆転した。地力に勝る北國銀行が徐々に差を広げるかに思われたが、テラスゴールキーパー18番田口が再三の好セーブでチームを鼓舞。11番秋山、20番中山らで得点する北國銀行に対し、23番江藤のサイド、4番内藤の7メートルスローなどで食らい付くテラス。7番相澤のカットイン、8番永田のポストなどで得点を重ねる北國銀行に23番江藤、22番上地、8番中山らで得点し北國銀行のリズムにさせない。7対13の北國銀行6点リードで折り返す。

後半に入っても7人攻撃を続けるテラスは8番中山のポストで得点するも、単調になり始めた攻撃を北國銀行ディフェンスに読まれ始める。7人攻撃の諸刃の剣であるエンプティゴールを後半だけで6点も与えてしまう。13分過ぎまで北國銀行はエンプティゴールを含む7連続得点で一気に12点差を付ける。テラスはシュートチャンスも北國銀行ゴールキーパー12番馬場の好セーブに阻まれなかなか得点できない。13分過ぎようやく14番塩田のポストで1点を返す。中盤以降は北國銀行12番馬場、テラス18番田口の両ゴールキーパーの好セーブが光った試合だった。テラスは7人攻撃で一歩も引かない試合を展開し、北國銀行に本来の力を発揮させなかったものの、最終的には11対26で北國銀行が勝利を収めた。

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
ザ・テラスホテルズ74110306.000Loss
北國銀行1313262104.000Win

会 場

21世紀の森体育館
沖縄県名護市大南2-1-1

Movie