HC名古屋 vs バイオレット

Recap

三重、名古屋の追撃を振り切り、開幕戦を勝利で飾る!

名古屋15番山本の先制ゴールで始まった試合。対する三重は2番中田で決め返すと、25番林の3連続得点などで7連取。7-1とリードを広げ、試合の主導権を握る。試合の流れが一気に三重に傾きそうな中、嫌な流れを名古屋は9番髙宮の得点で断ち切り、3連取で反撃開始。19分には7-4と三重に食らいつく。その後、三重の得点が伸びなやむ中、名古屋は25番鈴木、21番福地らで得点を重ねると、29分、ついに9-9の同点に追いつく。試合はそのまま前半終了、同点で後半をむかえることとなった。

前半同様、名古屋15番山本の得点で始まった後半戦。序盤は互角の攻防が続くも、徐々に試合の展開は三重がリードし名古屋が追いつく形へと。10分、11-11の同点から25番林、23番森本の連続得点で13-11とリードする三重に対して15番山本、14番吉岡の得点で追いつく名古屋、13分を過ぎ13-13の同点。17分過ぎ、14-14から三重は15番多田の連取で再度16-14とリードするも、名古屋9番髙宮の連取で16-16となお同点。残り時間3分、ここから三重が15番多田、25番林、6番近藤の3連続得点で19-16と名古屋を引き離し、勝負あり。要所で得点を重ねた三重15番多田の活躍もあり、20-17で名古屋の追撃を振り切った三重が開幕戦を勝利で飾った。

フォトギャラリー

Results

チーム前半後半得点警告退場失格役員警告役員退場役員失格FPP勝敗
HC名古屋98172000002.000Loss
三重バイオレットアイリス911200000000.000Win

会 場

枇杷島スポーツセンター
愛知県名古屋市西区枇杷島1-1-2

Movie