ジークスター東京 vs トヨタ車体

29 - 35
フルタイム
会場:

Recap

車体が価値ある勝利!!

現在のランクが5位の車体、プレーオフ進出には落とせない試合。ゲームは、まず木切倉がディフェンスの間から決めてスタート。すぐさまジークも東江がブレークスルーで取り返す。両チーム共ミスが無く、締まった展開となった。また、両チーム共、ディフェンスが安定していたため、ディフェンスを割ることができず、外からのシュートの対決となった。車体は14分頃から北詰を投入し、2連続で外からのシュートを決める。北詰はアシストパスでもファインプレーでサイドに通し、伊舎堂が決めて8対8のタイスコアー。続いて吉野からのパスを北詰がスカイプレーで決めて車体1点リード。前半終盤、車体がサイドへボールを展開し伊舎堂が決めたが、すぐさまジークはサイドから土井が決めて13-13で前半終了となった。

後半立ち上がり、車体はミスが連続するがジークの速攻での1点におさえる。その後、ポストから山田、ロングで吉野、ブレークスルーで北詰と、着実に得点を重ねた。10分過ぎ、渡部のブレークスルーからの7Mスローを杉岡が決めて19-15と車体4点リードとなる。以降、ゲームのテンポが早くなり好ゲームとなった。車体は15分過ぎに退場者を出すが、エンプティーゴールの攻撃を2連続で決めたことが、良い流れを作った。この後も退場者を出したが、ここでも2連続でエンプティーゴールの攻めを成功させた。これ等が功を奏し、20分過ぎには29-23と6点リードとなった。ジークも東江、東長濱で踏ん張るが、残り4分の渡部、吉野、杉岡、北詰の得点で勝利を決定付けた。残念ながらジークは年内最後のホームゲームを勝利で終えることができなかった。

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
ジークスター東京1316290000.000Loss
トヨタ車体1322351409.000Win

会 場

港区スポーツセンター
東京都港区芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦内

Movie