琉球コラソン vs トヨタ車体

25 - 26
フルタイム
会場:

Recap

トヨタ車体が残り15秒で劇的逆転勝利!

ホームで2勝目を掴みたいコラソンはトヨタ車体を迎えての対戦。コラソンのスローオフで試合開始。序盤、車体23番吉野のロング、9番杉岡の速攻、4番伊舎堂のサイド2本で4連取した。対するコラソンは、3番中川のポスト、13番峰岸のサイドで応戦。中盤、車体の堅いディフェンスをなかなか崩せないコラソンに対し、4番伊舎堂、5番高智、9番杉岡などで5連取し車体が主導権を握ったかに見えた。コラソンは途中出場の16番ゴールキーパー内田が要所で好セーブを見せ、34番東江、17番高橋のシュートで差を縮めていく。終盤、車体25番山田の退場の間に2点を返し、14対16の2点差で折り返す。

後半は、コラソン16番内田、車体16番岡本の両ゴールキーパーの好セーブが随所に見られ、一進一退の攻防が続く。4分過ぎ、車体20番渡部の退場をきっかけに試合が動き始める。19番美並の7mスロー、4番仲程の速攻で2連取したコラソンに主導権が移り始める。14分過ぎ4番仲程の速攻で同点、15分過ぎには34番東江のシュートでコラソンが逆転に成功。会場がヒートアップする。突き離しにかかりたいコラソンと、そうさせたくない車体との息を飲む攻防が続く。34番東江、2番村田、4番仲程の得点で引き離したいコラソンに対し、24番北詰、9番杉岡で応戦する車体、。28分40秒コラソン7番石川のシュートで1点リードしたコラソン。29分に4番伊舎堂のサイドシュートですかさず車体が同点。残り30秒、車体24番北詰にレッドカード。5人になったディフェンスを攻め切ればコラソンの勝利だったが、16番岡本のセーブから9番杉岡の速攻。残り15秒で劇的な1点をもぎ取った車体が勝利を収めた。コラソンは最後まで車体を追い詰めたがあと一歩及ばなかった。

フォトギャラリー

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
琉球コラソン1411250000.000Loss
トヨタ車体16102602111.000Win

会 場

ANA ARENA 浦添
沖縄県浦添市仲間1-13-1

Movie