ジークスター東京 vs トヨタ東日本

Recap

大激戦の末ジークが勝利

スローオフ、ジーク小山のブレークスルーでゲームが開始した。東日本もすぐさま佐藤で取り返すが、徐々にジークがリードを奪っていく。しかし、東日本は廣川のサイドシュートをきっかけに徐々に追い付き、21分過ぎにはチームタイムアウト後、西山のロングシュートで9-8と1点差にせまる。直後、ジークは小室のバックシュートで会場を沸かせ、また徐々に差をつけていく。東日本は退場者を出し、エンプティゴールを仕掛けるも、逆にジーク細川にボールを奪われ、無人のゴールに得点を許してしまった。前半は結局14-11の3点差でジークリードとなった。

後半は立ち上がりから東日本が勢いづく。中川の2連取から徐々に差を詰め、7Mスローを藤原が決めて1点差とした。ここから大激戦となり、16分過ぎに東日本は中川のブレークスルーでついにリードを奪った。22分過ぎにはジーク東江のブレークスルーで再び同点となる。以降ジークはボールがよく回り、東日本のエンプティゴールを土井が決め、ポストから橋本が決めるなど完全に優位に立った。24分33秒、東日本のチームタイムアウト後は、東江が2連取するなど存在感を示した。大激戦を制したジークが29-26で勝利をおさめた。

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
ジークスター東京1415290102.000Win
トヨタ自動車東日本1115261307.000Loss

会 場

アリーナ立川立飛
東京都立川市泉町500-4

Movie