大崎電気 vs 湧永製薬

Recap

大崎電気 連勝

稲毛のロングシュートで湧永製薬が先制。その後、取って取られての展開。試合が動いたのは20分、大崎電気柴山の速攻での得点が湧永製薬原の退場を誘う。大崎電気が流れに乗り、3連続得点。湧永製薬のタイムアウトも流れは変わらず、15対10、大崎電気リードで前半終了。

開始早々、安倍の力強いロングシュートから大崎電気の3連続得点で18対10。稲毛、矢田らが得点を重ね14分に21対18の3点差。24分まで3点差で試合が進んだが、入谷のサイドシュート、植垣のカットインで引き離し、最後は元木のスピンシュートが決まり試合終了。29対24で大崎電気勝利。

フォトギャラリー

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
大崎電気1514290102.000Win
湧永製薬1014240204.000Loss

Movie