北陸電力 vs ウルヴス福岡

Recap

地元の声援を力に変え、北陸電力がホームで快勝

試合開始早々、北陸電力3番藤坂のミドルで得点をする。流れを掴もうとシュートを狙うが、ウルヴスゴールキーパー33番伊計のファインセーブでなかなか得点できない。その後は、一進一退の攻防で試合が進むが前半9分、北陸電力6番松島、5番久保、8番高森の連続得点で7-4とリードする。ウルヴスも23番鈴木、46番庄司が得点し反撃するが北陸電力ゴールキーパー24番山﨑の好セーブが光り、ウルヴスに主導権を握らせることなく前半22分北陸電力が14-11でリードをする。さらに、北陸電力は攻守から速攻で一気に点差を広げ、前半残り5秒、北陸電力34番大谷のスカイプレーで得点し21-14で前半を折り返す。

後半開始も北陸電力の得点で始まるが、ウルヴスもゴールキーパー33番伊計を中心としたディフェンスから得点を重ね、後半6分24-21と3点差とする。ここからはお互い一歩も譲らない攻防で点を取り合うが、後半10分すぎから北陸電力8番高森の連続得点などで流れを引き戻し、後半17分に33-26とする。ウルヴスは流れを変えようとタイムアウトを要求するが、なかなか得点できない。しかしウルヴスの気迫あふれるプレーに北陸電力はたまらず退場者を出す。ウルヴス5番赤塚を中心にゲームメイクし得点をするも、守って速攻の展開で終始走り切った北陸電力が43-35で勝利した。

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
北陸電力21224306012.000Win
ゴールデンウルヴス福岡1421350306.000Loss

会 場

北陸電力福井体育館フレア
福井県吉田郡永平寺町松岡室21-5-3

Movie