トヨタ車体 vs ウルヴス福岡

Recap

トヨタ車体、危なげなく快勝!

開始直後、40秒で先制点を取ったのが、トヨタ車体21番の玉城慶也選手。その後もトヨタ車体ゴールキーパー1番の平尾克己の好セーブから得点を重ね、開始5分でゴールデンウルヴス福岡を5点差と突き放す。堪らず、ウルヴスはタイムアウトをとるが、その後もトヨタ車体の猛攻は止まらない。開始7分でゴールデンウルヴス99番の伊藤極がようやく1点目を取った。トヨタ車体に退場者が出たところで、ゴールデンウルヴス福岡23番鈴木幸弥らの得点でじりじりと点差を詰め、前半はトヨタ車体リードの22-14で終えた。

後半はゴールデンウルヴス福岡の先制点から始まりペースを掴みかけたが、トヨタ車体もすぐに点を取り返す。ゴールデンウルヴス福岡は後半からディフェンスのシステムを変えて車体のミスを誘い攻撃をしかけるが、トヨタ車体ゴールキーパー16番岡本大亮に阻められ苦しい展開が続く。試合終盤にゴールデンウルヴス福岡ゴールキーパー33番の伊計敬太郎が好セーブを見せるも、トヨタ車体の連携したプレーに対応できず、42-23でトヨタ車体が勝利した。

フォトギャラリー

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
トヨタ車体2220420306.000Win
ゴールデンウルヴス福岡149230002.000Loss

会 場

和光市総合体育館
埼玉県和光市広沢3-1

Movie