ウルヴス福岡 vs 大同特殊鋼

Recap

ウルヴス健闘も、力尽きる!

先制はウルヴス福岡。大同11番平子選手のサイドですぐに追いつき、速攻をからめ15分過ぎには5点差をつける。ウルヴスも99番伊藤選手のミドル、7番佐藤選手のポストで粘り25分に同点にするが、残り2分大同の連続得点で18対21で前半を終了。

後半、大同が試合を優位に進めるが、ウルヴスも23番鈴木選手のサイドシュートなどにより11分過ぎまでは3点差のまま粘りをみせる。12分過ぎに、大同は相手のミスから4連取し、後半22対17とリードを広げる。結果35対43で試合終了。

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
ゴールデンウルヴス福岡1817350102.000Loss
大同特殊鋼2122430102.000Win

Movie