ジークスター東京 vs 大崎電気

24 - 34
フルタイム
会場:

Recap

ジーク、好ゲームも敗戦

ゲーム開始早々、東長濱のステップシュートでジークが先制したが、すぐさま大崎川島がブレークスルーで取り返す。以降、ジーク東江、大崎安倍の得点と続き、見ごたえのある立ち上がりであった。しかし4分55秒、ジーク東長濱に一発レッドカードが出る。この後、両チーム共ミスが重なり雑な展開となるが、大崎は着実に得点を重ねた。

12分28秒にジークがチームタイムアウトを請求。この後、両チーム共ミスが無く引き締まった展開となったが、徐々に大崎が点差を広げていった。さらに、残り10分、大崎は入谷、安平などをコートに投入。スピードあるプレーを見せた。残り1分は16-8のダブルスコアまで開いてしまった。

後半はジークが追いかける展開で徐々に差を詰めた。ゲームは好調チーム同士にふさわしい好ゲームになった。

11分過ぎにジークは7点差まで詰め寄るが、以降大崎もバック陣のディスタンス、サイドへの展開、ブレークスルーなど、多彩な攻めで着実に得点を重ねた。

一方ジークも信太のバックパスからのピボットシュートやスカイプレーで会場を沸かせたが、最後は力尽き24-34で、惜しくも敗戦となった。

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
ジークスター東京8162402111.000Loss
大崎電気1717340306.000Win

会 場

墨田区総合体育館
東京都墨田区錦糸4-15-1

Movie