トヨタ東日本 vs 大同特殊鋼

Recap

白熱した接戦、トヨタ自動車東日本が辛勝。

試合開始30秒、大同特殊鋼22番康本が退場となったことを機にトヨタ自動車東日本が4点を先取。その後は点の取り合いとなるが、トヨタ自動車東日本は12番関口の好セーブ、さらに4本の7mスローを全て決めるなど、終始3点差以上のリードを保つ。終盤に大同特殊鋼16番堀田が立て続けに2本好セーブを見せたが、16対13、トヨタ自動車東日本リードで折り返した。

後半開始早々、流れを掴んだのは大同特殊鋼。24番杉本、13番池辺、9番中田の得点で4点を連取して、遂に逆転する。しかし、そこからはトヨタ自動車東日本も譲らず、シーソーゲームの展開になる。その中、25対24大同特殊鋼リードの終盤、トヨタ自動車東日本は6番川端、17番中川、14番佐藤の3連取で、同点、そして2点差まで広げる。このリードを保ち、27対26でトヨタ自動車東日本が接戦をものにした。

フォトギャラリー

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
トヨタ自動車東日本16112705010.000Win
大同特殊鋼1313260306.000Loss

会 場

富士見市立市民総合体育館
埼玉県富士見市大字鶴馬1887-1

Movie