トヨタ車体 vs 湧永製薬

Recap

ディフェンス力に勝る車体が安定した試合運びで勝利

勝ってプレーオフ進出を決めたい車体と上位進出を狙いたい湧永の試合は、湧永のスローオフにて試合開始する。前半序盤湧永No17子安のシュートで先制するとNo19後藤の得点と続き、一気に3点のリードを奪う。前半スロースタートとなった車体は5分にNo23吉野の得点を皮切りに反撃に出る。その後車体No23吉野、湧永No31庄子が互いの持ち味を出して点の取り合いとなるも、25分過ぎに車体No3松下のシュートで逆転に成功した車体が14対13の1点リードで前半を終了する。

後半ディフェンスが機能しだした車体が速攻を交え序盤から一気に4連続加点し、突き放しにかかる。たまらず湧永がタイムアウトを取って修正を図るが、安定したディフェンスが機能した車体の牙城を崩せず、連続加点ができない。一方でオフェンスでもサイドまで広くパスが回るようになった車体が、この日好調のNo23吉野の得点やNo20渡辺、No7藤本の得点などで順調に加点し、33対23と10点差をつけて、プレーオフ進出を決めた。

Results

チーム前半後半得点警告退場失格FPP勝敗
トヨタ車体1419330204.000Win
湧永製薬1310230204.000Loss

会 場

スギ薬局知立福祉アリーナ(知立市福祉体育館)
愛知県知立市西町草刈10-5

Movie